2011年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

被災地からの手紙~支援してくれた方へのメッセージ~

支援活動のお手伝いをさせてもらってる、
アニマルレスキューチーム~Happy Road~さんの代表宛てに届いたメールをそのまま転載します。

 ↓↓↓

先日支援活動を行いました『七ッ森ペンション村』で支援を受けた方の中に、
遠い所から来た方がいたことを先日ご報告したと思います。

その方から皆様へご支援のお礼と、
避難されている方々の現状を知って頂きたいとメッセージを受け取りました。

多くの方々に読んで頂けたらと思います。

******************************************************************

ご支援いただいた皆様へ

私は原発から20キロ圏内の警戒区域になってしまった浪江町に住んでいました。

避難指示が出た当日、私達家族は何が起きているかも分からず、
すぐに帰れるものと思って家を出ました。
犬や猫を連れていきたい気持ちはありましたが、
すぐに帰ることができると聞いて、自宅に置いて来ました。

その後、
すぐに東京電力福島第一の爆発が起き、避難指示は拡大し続けて、
私は家に帰ることができなくなりました。

妹の小さい子供達を連れて逃げるのに必死だった私は気づきませんでしたが、
爆発音は遠い浪江町にいても聞こえたそうです。
その頃から家に向かう道には防護服を着てガスマスクを着けた警察官が道を塞いでいるようになりました。

家を出た時、犬は繋いだまま…猫は庭のどこかに隠れていました。
警戒区域に指定されてしまってからは餌をやる方も入ることができなくなりました。

私は幸運なことに避難一ヶ月後には犬と再会でき、
三ヶ月経った今では猫も保護施設で預かってもらうことができています。

しかし、私達には家も土地も服も家財も仕事もありません。
仕事を探そうとしても、まず定住するところがないと紹介も難しいと言われてしまいます。

仮設住宅に入ることができているのは今のところ、一握りの人達だけです。
私のまわりにいるペットを連れた方で仮設や借り上げ住宅が決まった人は誰もいません。

大型犬の多くは未だに車中生活をしていて、
猫を連れて入れる二次避難場所は限られています。

人間が生活を立て直すだけでも大変な今の状況で、
犬や猫を飼うことは贅沢だと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

でも、私にとっては大切な家族です。

一緒にいる犬の温もりがどんなに私を励ましてくれたか…。
眠れない夜や涙が止まらない時も、
そばにいてくれた犬のおかげで乗り越えてこられました。

この子がいなかったら、私は生きていることができたかわかりません。
この子がいるから、この子を守るために生きて、頑張っていこうと思えるのです。

しかし、餌が欲しくても買いにいくだけで1時間以上かかります。
皆が買いに行くので、お店は常に品薄の状態です。

獣医さんに見てもらうにも、車で1時間以上走らなければ動物病院はありません。
おやつをあげたくても、いつ終わるか分からない、
全く目処の立たない避難生活で、なかなか買ってあげることもできません。

今回、私はフードとダニの予防薬、
オヤツとペットシーツを支援していただくことができました。
日々、必要で消費するものですし、ダニによる病気の予防をすることができます。

本当にありがとうございます。
ご支援くださった皆様にはなんとお礼を申し上げていいか分かりません。

また、添えられていた暖かいメッセージの数々には、力をいただきました。
一人一人にお礼を申し上げたい気持ちでいっぱいです。
今、お返しするものが何もない私ですが、いつかご恩返しできるように頑張りたいです。

この場を借りて、お礼をのべさせていただきます。
本当にありがとうございました。


******************************************************************

昨日は雨の中の搬入、支援物資の配布、ありがとうございました。

私は昨日ご支援頂いた者です。
良質のフードを支援いただき、本当に助かりました。
ダイユー8やツルハなどでは品薄で、欲しいものが手に入りませんでした。
ウンチパックやタオル、よく使うものばかりで嬉しいです。

昨日はなんだか、おおぜいの皆さんの早く!早く!に押されるように帰ってきてしまい、
満足にお礼も申し上げなかったことが気がかりでメッセージ差し上げました。

本当にありがとうございました。

頂いた物資の中の暖かいメッセージにも励まされました。

こういった活動をしていただいて、なんとお礼を申し上げてよいかわかりません。
いつか、ご恩返しができるように頑張っていきたいと思います。

本当にありがとうございました。

私自身は、犬と猫を3匹ずつ飼育していましたが、今は小型犬一匹です。
猫3匹は飼えるようになるまで保護施設と団体に。
大型犬は南相馬に住まいの決まった妹に預けています。
もう一匹の犬はみつかっていません。

裏磐梯の犬猫の状況ですが、私が知っている範囲でお知らせします。
私のホテルがある曽原湖周辺に避難している犬は、
大型犬が3匹、中型犬が6匹、小型犬が7匹います。

大型犬はペット可の施設でも、屋外か車内で生活しています。
小型犬、中型犬は室内で飼い主と生活している子がほとんどです。

猫については、お散歩をされないので、つれている方は存じ上げません。

犬について心配なのは、フィラリアと、マダニなどによる感染症です。
お散歩の時にどうしても、ダニがたくさんついてしまい、困っていました。
今回、フロントラインをご支援いただき、早速使用させていただく予定です。

私のホテルにいるゴンちゃんというゴールデンレトリバーは8歳なのですが、
交通事故後排尿にトラブルがあった子で、
常に尿が漏れていて残尿がある状態で膀胱炎を繰り返し、
獣医さんでカテーテルでとってもらっていたそうです。
現在はそのケアが受けられず、避難後食欲もなく、体重が減り続けています。
34→30キロ。現在はもっと痩せてしまっています。

フードも以前食べていたものが手に入らず困っていたところで、
今回、良質なフードをご支援いただくことができて飼い主さんも喜んでいました。


******************************************************************

被災者さんの生の声は、私なんかがあーだこーだ言うよりも、
ずっと説得力も伝える力もあるので、メールの本文をそのまま使わせていただきました。

引き続き、温かいご支援よろしくおねがいしますm(_ _)m

RIMG0464.jpg


ぷすぷす。ポチッと♪
br_decobanner_20110609180540.gif
スポンサーサイト

| ボランティア | 17:12 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT